管理人が気まぐれでいろいろ書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろ
会社に入って、気がつけばもう11月も末になってきました。

いろいろ思うことがあり、悩むこともたくさんありこのごろ疲れてしまいました。
どうしたらいいんだろう、どうするのが最良なんだろう、早くしないと、早くしないと・・・

そんな焦りと不安ばかりでした。
そこに、毎日帰宅が23時とか23時半で次の日は5時半には起きる生活が4ヶ月ほど続いて肉体的にも辛くなってきますし・・・
睡眠時間は4時間くらいですよ
土曜日も月に2回位は出勤する感じですし

それでも先輩の社員のかたに話すと、「自分なんて2,3日泊まりで働いてたことあるんだからそれくらまだまだ余裕」、とか「月の残業時間300時間超えのときもあったしまだまだその程度なら大丈夫」とかニュアンスとしてはそれくらいで辛いとか甘えんな的な感じの雰囲気で、自分の感覚とは根本的に違うなぁと・・・

そもそも法律で残業時間は最大でも月に60時間と決められているなかで、そのギリギリの状態が続いていることに問題意識がまったくないように感じたし、怖くなった

私の体力ではこの会社の基準に合わせられないなと。
実際、先月くらいから何度も風邪を引いたり回復したりを繰り返していますし、疲れが蓄積していて体力が底つきつつあるように感じる

だめになる前にどうにかしないとという焦りがますます増す・・・・

スポンサーサイト
引っ越しの準備
引っ越しの準備をしていてばたばたしてる今日このごろ

引っ越しって面倒だねぇ
荷造り、掃除、もろもろ

引っ越し面倒だけど、親のもろもろも面倒というか、すごくイライラする今日このごろ。
父親が亡くなって、新しい恋人を見つけようが母親の勝手だけど、いちいち相手がどうこうだの、相手のこういうところどう思うと?とか聞くなよ
しらんがな
以前から何でも、再婚しようが、勝手だけど、再婚相手を父親としては扱わないし、諸々もの報告も最後の決定だけにしろっていってるのにしつこい
そのことに関して関わりたくないし、聞きたくもない。
ただ母親の人生について自分から干渉すべきではない部分は自由にしてるんだから、それ以上こっちにその話題を持ってくるな。



ListViewの高速化
LapisStramのリリースを控え、機能追加よりも全体の安定性や、高速化などのチューニングに力を入れてる今日このごろです。

そのチューニングのテストの一つとして短時間に大量のツイートが流れてきた場合でも正しく動作するか確かめています。
そのテストでListviewにアイテムを追加する際に複数のスレッドから追加が行われると、アイテムが追加されるタイミングによっては表示するデータのリストに不整合が起こる問題がみつかりました。
ListViewとは一般的に電話の履歴や連絡先の表示などに利用されている、アイテムを縦に並べ表示、選択するUIです。
問題の解決方法としてListviewに表示するアイテムのListへの操作の同期を取りデータの編集を行う操作を排他制御することで不整合の発生を回避しました。

具体的に発生していた問題は次のとおりです。
発生した問題はBaseAdatper#notifydatasetchanged()を呼ぶとエラーで落ちてしまう問題です。
このとき出されるエラーは英文でちょろちょろ出てくるのですが、内容の要約は「UIスレッド外からListViewいじってない?UIスレッドからだけListViewAdapterへのアイテム追加して」みたいな内容が出てました。

原因としてListview内部で保持しているアイテム数とListViewAdapterのBaseAdapter#getItem()で返されるアイテム数が一致しないとエラーで落ちてしまうようです。

この問題の解決法として、ListViewAdapter内にアイテム数を保持する変数を用意し、notifydatasetchanged()をオーバーライドし、super.notifydatasetchanged()を読ぶ直前にその変数の値を実際のアイテム数と一致させ、getItem()で返す値はその変数の値を返すように実装します。
またnotifydatasetchanged()はsynchronized修飾子を付け、ほぼ同時にnotifydatasetchanged()が呼ばれて、他のスレッドがアイテム数を保持する変数を書き換えてしまうのを防ぎます。

こうすることでnotifydatasetchanged()の内部で取得されるgetitem()で返る値がnotifydatasetchanged()を呼ばれたタイミングでのListView内部で保持するアイテム数の値から変わってしまうというのを防げるので問題を解決できます。
カラオケ
明日は友人とカラオケ行ってきます

3月は引っ越しやらで忙しいし、4月ももちろん忙しいのでもしかしたら近いうちに合うのはこれで最後になってしまうかも・・・

思いっきり歌ってきます
バグ
今日もなんだかんだで実家に帰らされることになって実家に戻ってきてます・・・

愚痴ってばっかりではしかたないので、今日はあまり時間が取れなかったのですが、ページごとのストリーミングを機能実装したのですが、アカウント切り替えをした時にストリーミングの管理がおかしくなるバグを直しました

とりあえず、土台部分は出来てきたのでこの後はツイートの表示関連を改善しようと思います

3月末にはリリースしたいなぁ
めもごと
どうも親のわがままに付き合うのに嫌気がさした

ちょっとしたことなんだよ
でも、そのちょっとしたことも毎回毎回押し通されてると、もう二十歳も超えてこんな歳なのにこんなくだらないことで親に振り回されてる自分が情けなくなるんだよ・・・

例えば1,2週間ごとに実家にもどれもどれと用事もないのに迫られて、しつこさに負けて帰ったり、学費や生活費のことで脅されて帰ったりとか。
確かにそういうお金を出してもらってるからそれくらいのわがまま対応すべきというのはわかるよ。
でもね、それが1年通してずっときてたらどうだろう
すごくうんざりするんだよ。

他にも最近では引っ越しの日程や手順や、会社に入ったときに使うシャツやら何でもかんでも指定されたり、干渉したがる。
うんざりしてくる。

そういうお金は働き出したら返すから今は自分の自由にさせてくれと思う。
特に引っ越しは入社式と鍵の受け渡し日が近くて日程的にギリギリでかなりキツイから引越し業者にできるだけ頼みたいし。

あと、こういう引っ越しも含めてなんでも親戚に頼ろうとするのとかもすごくやめて欲しい
それは自分だけじゃなくて親戚に直接迷惑かけるからやめてほしいけど、やはり学費とかお金のことで脅されてそれを強く言えない状態で結局親戚に頼んでしまうことが多くて毎回恥ずかしい・・・
そうやって親戚にかけた負担はその親戚の人が数年して病気したりしたときにその分手厚く返さなくちゃいけないし、親戚には迷惑をかけたくないんだよ・・・
母親本人はそういう恩返しするつもり無いみたいだしその恩を返すは俺なんだよ。
その負担は今現金で業者に頼む方がトータルで見れば時間もお金も安いんだよ・・・。
本人は目先のお金のことしか考えず、先のことは子供に押し付ければいいとおもって親戚に頼りまくてるけど、そういう意味でもやめてほしい・・・すごく。


他にも親戚との電話や何か疑問があってカスタマーセンターへ問い合わせるときとかも自分で電話しないで俺にやらせたりとかそういうほんとくだらないことのために一ヶ月に何度も実家に呼び出したりとかやめてほしい。
その用事だって済ませたらすぐ帰れるかと思ったら実家から返してくれないし。

寂しいとかいろいろ理由はあるのかもしれないけど、こっちからすれば小さいころのお前の振る舞いを思い出すと今のその振る舞いは自己中すぎて怒りが湧くし、イライラする。

それに、自分でどうにかしていこうという気が見えなくて、人になんでもやらせればいいっていう姿勢がすごく苛立たしい。
人には一方的に手をかけさせるな、ひとりだちしろ、独立しろとやたら強く言う割に、お前は人に依存することばかり考えて、自分でどうにかする気が無いっていうね。

小さいころは話しかけても無視とか、そもそも自分が起きてる時間は家に居ないことばかりで、幼稚園の年長くらいからご飯も作りおきされたものとかコンビニ弁当を温めて一人で食べる生活だったし、遊びに行くことも禁止されて、放課後友達がみんな遊びに行くのを羨ましく思ってた。
でも結局禁止されてたから一人で家に帰って一人でテレビの音やゲームで寂しさを紛らわせる毎日だった。

週一で仕事が休みの日も親のエゴで行かされていた英語塾に夜活かされて、帰りと行きには成績とかで怒鳴られてばかりで毎週嫌だったし、帰ってからもずっと怒鳴られる感じでホント嫌だった。

教育のためにお金をかけてくれてるというのは分かるんだけど、ほんとそれだけでまともに会話とか遊んだりとかした覚えないし、教育にお金かけてる私良い親っていう親のエゴを一方的に押し付けられてる印象しか受けなかった。

そういう記憶ばかりですごく冷たく扱われてた印象しかない。
逆に学校でいい成績をとっても対して褒められもしないし、それどころかもっと良くろと言われるだけで、その一方で親は近所さんに自慢してるみたいで、なんか自慢道具というかマスコットにされてる印象があってすごく嫌だった。

生かされて、学校行かせてもらってるだけ感謝すべきだし、それは感謝してるけど、そうやって放っておいて一人で何とかしろ、人に迷惑かけるなっていうことをずっと押し付けてきた本人が、依存する相手を失った瞬間に自分が行ってきた、一人で何とかしろ、人に迷惑をかけるなっていうことを実行しようともせずに、自分や親戚に依存する様子を見てると苛立たしい。

状況としてお金だけぽんとあって、あとは自分でなんとかしろっていう状態に近いけれど、それが昔の「教育にお金積んでるから良い親だろ?」っていうエゴを押し付けてた親を思い出して、「お金あるんだから自分でどうにかなるでしょ?人に頼るなよ」って言いたくなる

紙とペン
LapisStramのリリース予定日が近づいてどの機能をリリース時にはどの機能まで実装するのかという線引きを迫られてる今日このごろです

今のところページごとのストリーミングON/OFFはサポートしようと 頑張ってます

それで、この機能実装するなかで基本的な仕組みは固まっているのにいざ実装するとなると、利用しているライブラリの仕様上の問題や、UIとのヒモ付との問題で同時に管理しなくてはいけない情報が多すぎてコードとしてまとめることが出来ない状態になっていました

数時間悩んだのですが、結局紙にペンで扱うデータ、必要なデータ、ヒモ付が必要なデータ、データの追加、開放の順番をメモしていくと大雑把にしか全体を把握できていなかった部分もつなげることが出来るようになり実装できました・・・

普段はパソコンのほうが修正や管理が簡単ということでパソコンやスマフォでメモをするのですが、大雑把なアイディアをどんどん詳細に絞っていくには紙とペンが有効で、昔からある素晴らしいツールだなぁと実感しました

紙とペンを使うと頭にあるごちゃごちゃした曖昧な情報やアイディアを紙に表現でき、それぞれの考えをじょじょに詳細にしていくことが出来る点で素晴らしい

文字やきっちりとした図形でデータを作っていくパソコンはすでに入力するデータが文字列などでしっかりできていることが前提になっているのでそういう曖昧なものを表現、記録するには向かないなぁと


霧の夜
お久しぶりです。
最近はTwitterに引きこもっていて、こちらが完全放置となっていましたね・・・
文章を書く、話す力が衰えている様に感じたので表現する練習として、今日記事を書いています。

2月に入ったばかりということで非常に寒い毎日が続いていますが、たまに雨上がりの日なんかは夜暖かかったりします。
今日も東京の方では温かいらしく、夜になってから霧が出ているとのことでした。


この時期、夜に暖かく、霧が出ているとどうも父のことを思い出してしまいます・・・
深夜に病院から電話がかかってきて、病院に向かったあの日のことを。

病院から帰る頃には季節外れな程外が暖かく、うっすらと霧が立ち込めていたあの夜・・・
そのころ良くアムリタを聞いていた影響かどうも、アムリタを聞くと、その日の夜のことを思い出して悲しくなる


年末
もうそろそろクリスマスで、そのあとすぐに年越しを迎えますね・・・

1年が早い
去年の今頃は就活が始まって、会社のエントリーを進めてたなぁ

今年は卒業論文の予稿と卒論本編、会社の課題に追われてます・・・
これが終わったら16年続いた学生生活も終わるんだなぁと思うとすごく寂しいし、同時に不安に襲われる

会社でやっていけるか、社会人として一人でやっていけるのかって
わからないことが多すぎて怖い

ビジネスマナーやら、一般マナー、常識とか・・・
不安いっぱいだけどずっと学生でいるわけには行かないしここが区切りかな・・・
黄金色
もうそろそろ12月ですね

会社の課題と卒研に追われてる今日このごろ・・・

家の近くにある銀杏並木がすっかり黄色く染まっていてとても綺麗です
昨日、雨と風でかなり散ってしまって道に溜まったイチョウの葉がまるで金色の河のようになっていました。
綺麗だった・・・・

帰りはその道を歩いて帰ったのですが、白い街頭にライトアップされたイチョウもライムグリーンに見えて幻想的だった
大学に入って今の家に引っ越してきたばかりのときにちょうどその道沿いの桜の木が白くライトアップされていて、幻想的な雰囲気を放っていたあの風景がとても印象に残っているんだけれど、その風景とかぶって見えた。

こうして、大学に入ったばかりのころのこと、2年のときのころを思い出すと何もかも懐かしくて、なんだか寂しくなる・・・

この4年はあっという間だった・・・
この春から社会人になり、大きく立場も環境も変わるけれど、正直不安でいっぱい
うまくやっていけるかなって

今日の昼間も学校の葉が少なくなった桜並木を歩きながら学校の庭に咲いていたフユザクラを見て1年前を思い出して就活始まったばかりのことを思い出していた。
それで就活始まったばかりのころも今みたいに不安ばかりだったなぁとか思いながら、あれから1年が立ったんだなと思うとまた懐かしいく思いつつやっぱり寂しさを感じてた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。