FC2ブログ
管理人が気まぐれでいろいろ書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新です;

最近マビノギにはまってるということで、マビノギの公式ブログパーツを張ってみました!

私はトリアナサーバーで蒼風凛と言う名前でゲームしてます!
もしこのブログを読んでいる方で、マビノギやっている方がいたら、気軽に話しかけてくださいね!

かなりの初心者ですが、それなりに頑張ってます><
スポンサーサイト
またブログのデザインを元に戻しました!

戻した理由は前のVistaデザインでは画面の設定によっては記事が見ずらいことにきずいたからなのですが(^_^;)

その話は置いておいて今日は推薦入試について書こうかなと思います。
というのも私が通ってる学校の推薦入試が来週なので、それにちなんでです。

ちょうど一年前私も推薦入試を受けたので、これから高校受験を受ける方のイメージ作りに役立てば良いなと思います。

(ここからは私の目線から書きます)
私が受けた年の学校の推薦入試の倍率は2.6倍。
正直かなりきつい。
今年(去年ですが)から学区制が無くなったせいで遠くから受ける人の分受験生が増え、倍率が跳ね上がったようだ。
目の前の受験の申込用紙を眺めながら私は悩んでいた。
先生からは『落ちる人数の方が多い試験だから落ちても気にするな』という前置きがあった。

私もそのことは分かったいる。
ぎりぎりので悩んで受けることを決意した。
もちろん落ちること前提で。

試験開始一週間前、受ける学校関係無く推薦を受ける生徒が体育館に集められた。
学年の半分、つまり60人前後がどこかの推薦を受けるようだ。
志望校ごとのそれぞれ一列に並べられた。
私の志望した学校は3人が推薦を受けるらしい。
私も含め3人が列に並んだ。

その後先生から全体に推薦受験の心構え、今後の予定、受験に流れについて話があり、その後解散になった。

それからの試験までの一週間は推薦入試に向けた練習が繰り返された。

放課後は面接の練習、数学の証明練習、小論練習、英作文練習。

宿題もそれなりにでた。

そしてなんだかんだで、一週間が過ぎ本番の日が来た。

朝、初めて受験する学校の門をくぐった。
校舎を見るのも初めてだ。
キョロキョロと学校の敷地を見渡していると、私の学校の一行が集まっていた。
私も一向に合流し、受験の監督指導の先生の誘導に従い体育館へ。

受験番号順位並ばされた。

先生の受験に関する注意の説明を受け、最後に推薦受験の総監督らしき先生が『不正したら一発で落とすからな!』との軽い脅しの後、誘導担当の先生についていき受験する教室へ・・・。

幸い学校ごとに受験番号は連番のようで、3人とも同じ教室で受験することになった。

席に座り時間を確認する。まだテスト開始まで30分ほど時間がある。
時間が近づくにつれて緊張が増してきた。

ついつい周りの人たちを見てしまう。
・・・みんな頭が良さそうな人ばかりだ・・・。

よけに緊張してしまうので、机に視線を集中することにした。
さっきよりは緊張がほぐれた気がした。

そして、試験開始10十分前、試験の準備をするように言われ、準備をした。
使い慣れたシャーペンを机に並べ、芯を確認する。

テスト開始までにやることが無くなった。

再び緊張が増してきた・・・。

(時間が無くなったので明日か明後日続きは書きます。文章力なくて読みづらいと思います。すみませんでした)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。