管理人が気まぐれでいろいろ書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HTC機とNexusのファイル名の制限
今実験のデータを集めるためのアプリで謎のエラーでファイルの書き込みが出来ずデバッグしていたのですが、どうやらHTC機ではコロンがファイル名に含まれる場合はファイルの作成やオープン時にエラーが出て開けない様です。

Nexusでは問題なく動いていたのでファイル名にコロンを使うのはAndroidの仕様として許容しているのかと思っていたのですがそうでもないみたいです
スポンサーサイト
クソネミキャッスル
今日も一週間ぶりの学校ということで早起きしたら眠くて眠くてクソネミキャッスルでした

最近クソネミキャッスルっていうゴロが好きで連呼してます!
なぜか言いたくなる響き・・・

そういえば今日研究室行ったらハーブの葉がちゃんとハーブっぽい形に成長していました!
それでももっと早く成長しないかなぁ
このペースだと夏休み前の収穫は難しそう

夏休みに一旦家に持ち帰ることになるのかなぁ
Android Fragmetnメモ
Fragmentに実際のUIがあり、Activityの中にそのFragmentを埋め込むことでUIを構成している場合について

Phoneスタイルで表示するときにFragmentActivityを継承したクラスを作り、そのクラスのOnCreateの中でsetSupportFragmentで実際のボタンなどUIが入っているFragmentをセットするだけで大丈夫
草の香り
用事と実験のデータ測定のために実家に一週間ほど実家にいたのですが、やはり田舎には田舎の良さがありますね・・・

湿っぽいけど排ガス臭くない空気、草の匂い、爽やかな風、澄んだ空気に明るい月

一人暮らしする前まではそれが当たり前でなにも感じなかったけど、一人暮らしをしてアスファルトに固められた地域に住んでいたらだんだん実家の環境の良さを感じました

明日は大学でゼミなので今夜は追い込みに入ろうと思います。

GPSの位置記録アプリのスマフォUI対応とスケジュールの解析部分をもう少しブラシュアップします
メガネ
新しいメガネ買ってきました

Jinsで買ったのですが安いし早いしすごくよかった・・・!
一本7000円でだいたい30分くらいで作ってくれました
フレームとレンズ別の価格で7000円かと思ったら合わせて7000円だったので驚きましたよ・・・

前別のチェーン店でメガネ作った時は一本1万6000円くらいだったしね
それにそこではレンズの作成に3日ぐらいかかってたので


店員さんの対応をすごく良くて次もJinsで買おうかと思います
CMとか見ると値段の安さを全面に出していたので質はそこそこなのかなと思っていたのですが結構よかったし今日はいい買い物できたなぁと思います

出来上がったメガネのフレームの調整の際に店員さんが滅茶苦茶近くで調整していて調整後も滅茶苦茶顔が近い距離で話されてすごくドギマギしてた・・・
明日はGoogle IO
明日というかこの後すぐ、今日の一時からGoogle IO 2013です

新しいNexus7気になるなぁ
Google Glassの話も気になる
次のAndoroidも気になる

気になることいっぱい!
とりあえず明日の朝起きたら中継みます(途中からになっちゃうけれど
レモンバームのその後
前にレモンバームを研究室で育てようと思い、水栽培キットを買ってきて種を埋めたのですが芽が出て来ました

先週には芽が出ていたのですが今週されに成長していて愛着が湧いてくる・・・

窓の方向いていくのが面白い
マイケルの斜め前に倒れるダンスみたい

th_2013-05-07
Android SDKが吐く2ペインレイアウトのコードを読んでみた
Android SDKが自動で吐き出してくれる2ペインレイアウトの時のソースがどんな実装になってるのかよくわからなかったので読んでました・・・

かなりざっくりまとめると左側ペインがアプリのインテントフィルターでMAINに指定されているので、左側ペインのActivityが最初に生成され、そのときOS側に画面サイズに合わせてFragmentを左右に割り当てた2ペインデザインでActivityを生成するのか、ListFragmentだけを割り当てた1ペイン表示にするか選択させてた

それで画面の差し替え、遷移の実装はListFragmentにListenerを仕掛けて押された時に2ペインモードならFragmentManagerを介してListから押されたアイテムに対応するFragmentへ差し替えをしていた
シングルペインモードの時はIntentを発効して2ペインモード時に右画面に対応するFragmentを持ったActivityへ飛ばす実装でした

この時2ペインか1ペインかの判定は2ペイン時は右側のペインを構成するFragmentが生成されるはずなのでその右側のFragmentが存在するかをfindViewByIdで検索し、nullじゃない場合(右側ペインが生成されている時)は2ペインでそれ以外は1ペインという判定をしていました

もし、独自のFragmentやActivityに飛ばしたいときはdefaultで生成されるListActivity内のonItemSelected(String id)メソッド内で引数で渡されたListのアイテムIDを元にFragmentManagerに差し替えを依頼するFragmentやIntentで飛ばすActivityを変えてあげると差し替えが出来ました

ちなみにFragment内のListで選択されたアイテムのIDの受け渡しはFragmentでアイテムを選択されたときに呼び出されるメソッドを定義したコールバックインターフェイスをListFragmentを持つ親Activityに実装しておいて、Fragmentが画面上に表示されたとき(?)(onAttach)されたときに引数で渡される親Activityへの参照を変数に入れて残しておいてFragment内のリストが変わった時にそのコールバックメソッド(コールバックインターフェイスを実装したFragmentの親Activity内のメソッド)を呼ぶ実装でした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。