FC2ブログ
管理人が気まぐれでいろいろ書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
test post3
再びテスト
スポンサーサイト
一人暮らし再開
今日は朝から曇りときどき雨で涼しかった

涼しくてまるで秋雨の様だった。

夏の終わりを感じてすごく寂しくなった


なんというか季節の代わり目はいつも寂しくなるし、時間の経過を感じて焦りと失望感がにじみ出る

はぁ・・・


それと今日からまた一人暮らし再開しました

ちょっと創作意欲がまた湧いてきた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
LiteBlogEditor
先ほど開発中のBlogエディタでテスト投稿をしました

とりあえず最低限の投稿機能だけをサポートしている状態です。

JavaFXの使いかたが良くわからないということがあってなかなか開発が進まないのですがちょっとず作っていこうと思います

大文字の対応も出来るのかな?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
テスト投稿
テスト投稿です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
BlogEditor
昨日思いついたアイディアを形にするためブログのAPIをjavaから利用するためのライブラリを書いていたのですが、XMLRCPは仕様がシンプルでいいですね
Apacheの提供するXMLRCPライブラリを利用すればやりとりも楽ですし

お昼ごろのtestとタイトルが付いてる記事がライブラリのテストに使った投稿です
FC2ブログはmovableTypeを使っているようでその仕様にそってXMLRCPのコマンド、引数を渡してあげると素直に動くのでわかりやすかったです

明日もうちょっとライブラリを書いて、そのあとに折角ブログを操作するライブラリを作ったわけですし、JavaFXを使って簡単なブログエディタを作成しようと思います
test post2
再びテスト
test post
テスト
Blogを手軽に
Blogを書く目的に自分は自分の記録を残しておきたいというのがあります
あとから見返して懐かしい気持ちになれたらいいなぁと思って残しています
数年後この日こんなことしてたんだ、こういう風に考えてたんだとかそういうの見れたら面白そうだなと

しかしここのBlog更新がここ数年疎かになっていることからわかるように日常生活のなかで書く内容ってなかなか浮かばないし結局放置しちゃうんだよね
だからブログの記事をある程度自動生成するサービス又はアプリを制作しようかと考え中です
眠る
今日は早く眠って明日は早起きしようと思います

なにか用事があるわけではないのですが早朝の夏の空気、雰囲気を味わいたいので久しぶりに早起きします
さっき窓辺にいたら風が涼しくて、少し乾いた空気になってました
あぁ・・・夏が終わるんだなってすごく寂しくなった

スマートドール
数日前の記事でも書きましたが、人生最後の夏休みを納得いく使いかたができていなくて焦っています

ここ数日は焦りすぎて逆に無気力になってる・・・
でも今日心を動かされる記事を見つけた

一週間ほど前にスマートドール
というものを知ったのですが、そのスマートドールの開発者の人についてすごく興味が沸き、彼のブログに乗っていた彼のこれまでの経歴、思い出などを読んでいて心が動かされた

その記事がこちらです

安全地帯にいることに慣れてしまうのは良くないと考え自分から自分のやりたいことに従ってどんどん進んでいく様子みてかっこいいなぁと想った
自分もそんな行動力とパワーと勇気がほしいなぁと

そのために自分のやりたいことをハッキリさせてそちらに進んでいける人間の第一歩として自分のやりたいことをみつけたいです
これはジョブズの伝説のスピーチにもドグマに惑わされず、自分のやりたいこと、正しいと思うことに直感に従って判断しろという話があるけれどそれに通ずるものを感じた
一人暮らしOn実家
母親が旅行に行ったので私は実家で一人暮らしです。

つまり一人暮らしOn実家です。
無駄に広くて掃除とか色々面倒くさい・・・

まぁでも親がいるよりはのびのびできていいや
時間の割り振りも親に邪魔されないし

空っぽな感じ
大学4年の夏
人生最後の夏休みを過ごしているけれどこのごろものすごい焦りと空っぽな感じを感じる

最後の夏休みなのに家でソース書いてニヤニヤしてるだけでいいのかって
学校あるときでもプログラムは書いてるし人生最後の夏休みなんだし夏休みにしか出来ないことを、もっとワクワクすることを、もっと思い出に残ることをしたいと焦ってる

あと夏休みも二週間くらいしか無いしますます焦る

そして朝起きて充実した日にしたいと考えるのに一日を追えることにはいつもと同じ日を過ごしたという虚無感に襲われる

・・・・人生の旨い楽しみ方わかんないんだなって実感した
イライラ
今日母親の買い物に付き合って大型ショッピングセンターへ行って来ました

そこでついでにということで内定者懇談会のときに着ていく服も買ったのですが、その服を選ぶ過程で母親がやたらうるさくてもうストレスが溜まった


今回の内定者懇談会では私服という指定で、ちょっと身体を動かすようなリクリエーションも含まれるためスーツではなくて私服で来てくださいということでした。

ここで難しいのは会社のイベントということなので落ち着きのある私服がいいだろうと思ったのですが母親は赤や緑、オレンジなど派手なボーダーが入ったポロシャツや、柄がたくさん入ったシャツなど派手なものばかりで、どれも懇談会に着ていくには向かないと思うという説明をして断っていたら不機嫌に

どうも母親はおしゃれな服を着ていくべきだと考えているみたいでした。
それに母親の思うおしゃれは派手なものという認識らしくとても厄介なことに。
こちらから何度説明してもやたら自分のイメージを押し付けてくる。
ほんと鬱陶しかったし、無責任だなぁと。
どうせ母親がその服来て懇談会行くわけでもないくせに無責任に自分の好みの服を押し付けてくる。

買い物をすすめ自分は黒で柄はほぼ無い襟付きシャツのような服を選んだのですがすると母親はなぜか激怒。
似たような服もう持ってるとか、黒い服はもう持ってるからもっと他の色にしろという理由でした

似たような服は確かにあるけれどその服ももう数年前からある服でくたびれているし、そもそもその服についても母親自身が新しいの買えばと言い出したことだというのになんだこれ

黒い服が多いからという理由だって今回、会社の懇談会と考えれば赤とか、黄色とか激しい色はさけるべきだと思うし、目当ての服は白か黒しかなかったから黒を選んだだけなんだけどなぁ
白は汗で透けるから選ばなかった

結局ものすごくうだうだ怒鳴られつつ自分の選んだ服を購入しました。


もうね・・・
今回は服ということだったけれど母親といるとあらゆることでこうやって母親のイメージと母親の理想をやたら押し付けてきてすごく息苦しいし、怒りを感じる。
疲れる。

その割母親は自分の選択にしたいして干渉には敏感で、指摘されたりするとやたら怒る。
ほんとクソ

母親と一対一で過ごす時間が増えて、母親とコミュニケーション取れば取るほど、親に失望するし呆れる。
父親はあんなにしっかりした性格で冷静な判断もできる本当の意味で大人だったのに母親はこんなに感情的にしか行動出来なくて、自己中で、短気で考え方が幼稚なんだよ・・・・

今思えば小さい頃に母親とあまり触れ合う時間なくてよかったと思う。
こんな人間になりたくないし、こんな人間に染まりたくない。

反面教師にしてこういう人間にはならないようにしたい。

ダ・カーポのメインシナリオの話
D.C.3クリアしてそろそろ一ヶ月経つのでまた話の中で気になるところを書こうと思います

ネタバレ含むので注意です











気になった点は姫乃のルートで結局呪いの話はどうなったのかという部分が結局最後まで描かれなかった点です。
姫乃のルートの話の軸はその呪いだったと思うのですが結局程よくハッピーになって区切りのいいとここで、話が打ち切られた用な感じになっていてもやもやする部分です。
とはいえ、実際ゲームをしているとエンディングを迎えるまでの話が盛り盛りしていてエンディング迎えた時点ではそれほどもやもやしないのですが、落ち着いてくると気になってきます。
結局どうなったんだろうって。

あと全体的にハッピーエンド迎えたあとどうなったのかすごく気になりました。
これはそのエンディングまでのシナリオ、キャラクターが自分の好みでもっと話を見たいという気持ちが強かったというのが主な理由ですけれど!
D.C.3はほんとキャラクターの魅力が強いなぁと思いました。
みんな健気で一生懸命でぐっと来てしまいました


あと気になったのは最初のイントロのストーリは現世の話になっていて、最後の現世に戻るんだけれどD.C.3の主な話は過去の前世の話でわざわざ現世の話を出した意味があったのかと思った
現世の話は一応来年にプラチナパートナー?とかいう名前で出るらしいですが、このD.C.3ではいまいち最初の現世パートの日常生活の話は存在意義が良く分からなかったです・・・
現世パートも楽しかったので結果としてあって良かったとは思いますがすべてシナリオが終わった後にふと現世パートってなんだったんだろう?と気になってしました


あとシナリオの方というか、設定の方で気になったのはD.C.2からだいたい20年後の話ということはD.C.2の登場人物は生きているとかんがえられるけれど、その世界でその登場人物のひいおじいさん、ひいばあさんに当たる人がいるとなると矛盾しないかなと
ひいばあさん、ひいじいさんくらいならD.C.2の登場人物は顔を知ってる可能性があるし、その状態であのせまい島に存在するとなるとばったりD.C.2の登場人物に会ってしまうという問題が起こるのではないかと

それとそもそも家系はどうなっているのかという問題もあると思ったけれど、おそらく現世のD.C.3の登場人物は生まれ変わりということで同じ名字だけれど全く関係の無い家系で生まれてということになってるんじゃないかと思う

全部魔法ということで片づけちゃうのかな

D.C.3では過去作品と繋がるような、隙間を埋めたりつなげるような話がちょっとづつ出てきて「あー!なるほど」ってなる部分も面白いところだったんだけれど、そのD.C.3の現世部分でその辻褄が合わなくなるととても気持ち悪くなりそう・・・

そのあたりもプラチナパートナーで補完されたらいいなぁ
プラチナパートナーは出たらすぐ買おうかなぁ・・・

シャルルの声はやっぱり全年齢版の方が好きなので・・・!

話はそれるけれど全年齢版の方のシャルルの中の人は宮崎羽衣さんという声優さんなのですが、この声優さんが昔やっていたラジオが自分の初めて聞いたアニメ系のラジオで、そのラジオがアニメとか二次元の世界へ入るきっかけになった要因の一つなので思い出深いです・・・

アニメロミックスという名前のラジオで当時自分はラジオを聞くのが好きで土曜日の夜中の、普段聞かない時間にラジオをつけたらすごく耳に残る声が聞こえてそれ以来アニメ系のラジオも聞くようになって、そこからアニメも見るようになっていったなぁ

まぁそんなこともあってういさんの声は今でも好きなので、そういう意味でも全年齢版を買おうかなと考え中です

今日から8月
8月になりました。
人生最後の夏休みの8月

そう思うだけど鬱になる

はぁ・・・
正直焦っている。
最後の夏休みをどうすごせば納得行く、後悔の残らない夏休みに出来るのか考えがまとまらない

働くことって人生の大部分の時間が犠牲にいなるんだなぁとこうやって夏休み、つまり自分の自由時間について深刻に感えることを通して感じてる

自分の人生なのに自分の時間がちょっとしかないってなんだろうね

まぁ、動物とか見てると彼らは生きのびることがすべての目的になっているように見えるからこうやって自由な時間について考えられる事自体動物という視点からみれば贅沢なことなのかもしれないけれど

逆に考えると日本人って動物レベルの視点で見ないと社会に出て仕事して生活するということを妥当なものとして見れないということなのかもしれないけれど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。