FC2ブログ
管理人が気まぐれでいろいろ書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紙とペン
LapisStramのリリース予定日が近づいてどの機能をリリース時にはどの機能まで実装するのかという線引きを迫られてる今日このごろです

今のところページごとのストリーミングON/OFFはサポートしようと 頑張ってます

それで、この機能実装するなかで基本的な仕組みは固まっているのにいざ実装するとなると、利用しているライブラリの仕様上の問題や、UIとのヒモ付との問題で同時に管理しなくてはいけない情報が多すぎてコードとしてまとめることが出来ない状態になっていました

数時間悩んだのですが、結局紙にペンで扱うデータ、必要なデータ、ヒモ付が必要なデータ、データの追加、開放の順番をメモしていくと大雑把にしか全体を把握できていなかった部分もつなげることが出来るようになり実装できました・・・

普段はパソコンのほうが修正や管理が簡単ということでパソコンやスマフォでメモをするのですが、大雑把なアイディアをどんどん詳細に絞っていくには紙とペンが有効で、昔からある素晴らしいツールだなぁと実感しました

紙とペンを使うと頭にあるごちゃごちゃした曖昧な情報やアイディアを紙に表現でき、それぞれの考えをじょじょに詳細にしていくことが出来る点で素晴らしい

文字やきっちりとした図形でデータを作っていくパソコンはすでに入力するデータが文字列などでしっかりできていることが前提になっているのでそういう曖昧なものを表現、記録するには向かないなぁと


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。